Google
意外と知らない 車買取と下取りの違い

車買取と下取りではどちらを選ぶか

カーシェアリングというカーライフの選択肢があります。レンタカーとはまた違った利用ということです。レンタカーの場合、受付などで結構時間がかかることがあります。お店に行ってから30分ほど時間がかかるということもあります。カーシェアならすぐに利用ができます。ガソリンを補給する必要もありませんから、利用料金以外にコストがかかりません。レンタカーのように数時間単位ではなく、10分単位や15分単位ということもあります。子供を迎えに行ったり、ちょっと買い物をしたりということで気軽に使うことができるということです。

まさに自動車のコンビ二といったところでしょうか。今のところまだまだ利用は限られていますが、都市部を中心に広がっています。さらには、マンションなどに設置するということもあります。マンション内でシェアができればエコにつながりそうです。今自動車を持っているという場合、どうしようか考えるところです。持っている車を売って、カーシェアリングやレンタカーを利用するか、やはり再度車を購入するかです。コストに関しては、しっかり計算したいところです。車種に関しては、カーシェアリングでも豊富にそろっているということです。

売却だけということになると、車買取をしてもらうことになります。インターネットからも見積もりをしてもらえますし、出張してもらうこともできます。そして、そのまま持っていってもらうこともできるということです。そしてお金をもらうことになります。今後の車の費用に当てたり、別途購入するのに充てることもできます。下取りというのは、買い取ってもらった後に、そちらの店で買うのが前提になります。買い取ってもらった金額に、一定額をプラスして購入するということになります。こちらの場合、自分の欲しい車がお店にあるということが前提になります。ですから、いきなり行って行うことはないでしょう。事前に交渉などをしておきたいところです。

注目情報

Copyright (C)2014意外と知らない 車買取と下取りの違い.All rights reserved.